Windows10/Cygwin+VCCWの環境構築メモ

基本的にはこれに従う

WordPress本番環境とローカル環境を超簡単に同期するWordMoveの設定&使い方

VCCWからssh接続できるようにするには、ホストOS側で ssh-add しておくと便利

ssh-agentを使ってVagrant上のゲストOSからMac側の秘密鍵を使えるようにする

Windows+Cygwinの場合には、

http://qiita.com/artk/items/eaf4542746decb2f1110

これが必要
config.ssh.forward_agent = true
これはすでに設定済みだった

これでVCCW側で新たにsshの公開鍵生成は不要

VCCW+WordMoveでエックスサーバーとローカル環境を同期する

wordmove!と思ったらなぜかパスが通ってない
export PATH=$PATH:/home/vagrant/.gem/ruby/2.3.0/bin

VCCWとの上手な付き合い方(VCCW開発者の方のコメント)

VCCWとの上手な付き合い方

http://qiita.com/miya0001/items/041e9363ff81695a2251

Movefile
# port: “3308” # Use just in case you have exotic server config
をコメントアウト。MySQL5.7なので3306がデフォルト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です